陰陽は極まると反転する

陰陽は、どちらかに極まると反転するという法則があります。

これを心の陰陽で見ていくと、例えば喜び(陽)のあまり有頂天になり、そこから転落の人生(陰)が始まる。

或いはたくさん悲しみ(陰)の涙を流した後は、心が晴れやか(陽)になる。

真面目だった人(陽)が、突然切れたり、猥褻な行為(陰)をするようになる。

若い頃グレていた人(陰)が、大人になって人の気持ちのわかる(陽)人になる。

等々、陰・陽ともに極まると反転するという性質を持っています。

人の心を理解する時、この法則をわきまえておくと、とても解り易くなります。



仮に人が普段見せない別の側面を現したとしても、

あの人がどうして!?

等と、ただただビックリするだけではなく、次のように思えるようになります。

きっと溜めてきたことが、何かあったのだろう・・・と。

こうして陰陽の法則を理解していくことによって、

人に対しての疑問を持ち難くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です