カウンセリングへの取り掛かりと活用について

カウンセリングに通うのは、ハードルが少々高いというイメージがあるようですが、決してそんなことはありません。

例えばたくさん悩んでいないと扱ってもらえないのではないか・・・

自分の心や感情がどうにもならなくなって、初めて相談する場所なのではないか・・・

軽い悩みや症状では、ちゃんと扱ってもらえないのではないか・・・

etc・・・

日本でのカウンセリングに対しての認知度はまだまだ低いようで、様々な憶測や誤解があるのは仕方ありません。

私たちが行っているカウンセリングは、様々な心の状態を改善したり、心の深い部分を癒したりすることはもちろんのこと、それ以外にもカウンセリングには以下のような活用方法があります。

例えば
普段自分の話をなかなか話せない立場の人が、話したいことが話せて心がスッキリしたり・・・

なかなか話せない話に共感してもらって元気になれたり・・・

悩んでいることを話しているうちにどうしていけば良いか気づけたり・・・

ということがよくあります。

それがゆえ、誰かに自分の話を聴いてもらいたい!
私の言いたいこと全部聴いてもらいたい!

と思う時に活用してみるのも一つです。

どうぞカウンセリングを、柔軟に考えお気軽にご活用ください。

2024年5月8日