6月5日:迷いが生じた時に

生きていると、様々な迷いが生じる時がある。

どの選択をしたらよいか解らなくなることもある。

しかし、どんな選択をしようが、

自分がこの人生で辿り着こうとしている先は変わらないから、

どれを選んだところで、それほど問題にはならない。

大切なのは、何かを選択した時に感じる感覚である。

もし不本意な選択をしてしまったと感じたら、

その選択を辞めて、これだと思うことに選び直せば良いのである。

コメントを残す