心理学講座&傾聴講座


豊かな愛を育む傾聴講座2020

🔶何故今傾聴なのか?
私達が生活を営む現代社会は、価値観が多様化されたこと、スマホ・SNS・ゲーム等で人と人とが直接顔を合わせて対話する機会が減ったことによって、心の通い合うコミュニケーションが、益々難しくなっている現状があります。

その結果、自分と意見や話の合わない人を、理解が出来ないと遠ざけたりたり、見下したり、言い争ったり、無視したりすることで、人間関係を悪化させてしまうケースが後を絶たず、それによって心を傷つけ、自信を失ってしまう人も増え続けています。

その為人と人とが心を通じ合わせたり、理解し合えるようになるためのコミュニケーションが何より大事な時代になっているように感じます。このホームページをご覧になっている皆さんも、人間関係がギスギスする社会での生き辛さを、何処かで感じている方は多いのではないでしょうか?

人が社会生活を送る中で、幸せを感じていく為には、自分と他者との違いや、互いの個性を認め合いながら共生していく姿勢が必要であり、それを実現させる基礎となるコミュニケーションの一つが、相手の話を丁寧に心を込めて聴く『傾聴』であると考えられるからです。


🔶傾聴とは?

傾聴とは、自分が聴きたいことを聴くのではなく、話し手が伝えたいことを、受容的・共感的な態度で、より深く、丁寧に耳を傾けて聴くこと。傾聴に使われている「聴く」という漢字は、「耳」「目」「心」の組み合わせ。耳だけで聞くのではなく、話し手をよく観察する心の目と共に、心の耳で受け止めてていくことが傾聴になります。


🔶傾聴講座で行うこと
傾聴講座で行うことは、

①カウンセラーとして20年の間手掛けてきた人の話を聴く技術を、皆様に解り易くお伝え し、実践指導をさせていただきます。

②人の話を心から聴けるようになるためには、それなりのステップが必要です。そのステップを一つ一つクリアー出来るようサポートさせていただきます。

③人の話を心から聴けない理由の一つに、私だって話を丁寧に聴いて欲しい!というニーズが心の中に根強くある場合があります。その場合、その部分が満たされていないと、人の話にどう頑張っても寄り添えないということがあります。こうしたことを考慮し、傾聴ロールプレイの中で、心の中に蓄積された思いを自由に話していただき、それを傾聴する体験を繰り返していきます。この繰り返しによって心が次第に整理され、自然に人の話が聴ける状態へと移行していきます。


🔶傾聴を学ぶことでどんな場面で、どんなことに役に立つの?
・ビジネス全般で人と関わる時(上司/部下・お客様・ご利用者様・関連部署の人)
・家族内でのコミュニケーション(親子・兄弟・夫婦)
・恋愛や結婚に至るまでのコミュニケーション

・カウンセリングや相手を傾聴する場面の多い仕事において

等様々な人と関わり、相手の立場や気持ちをより深く理解したコミュニケーションを行う時に役立ちます。また傾聴が身に付くと、相手との誤解や行き違いを減らすことができたり、修正することが容易になっていきます。更に相手と心が通じ易くなったと感じることが多くなることでしょう。


🔶傾聴はどのぐらいで身に付くの?

これは個人差があるので、一概には言えませんが、少なくとも半年は継続して行うことをお薦めします。


🔶傾聴することでストレスにはならないのですか?

傾聴がストレスになるのは、相手と心が通じ合えない時です。相手の心とどのようにしたら短時間で通じ合うことが出来るようになるのかを練習していますので、だんだんと人の話を聴くことに手ごたえを感じたり、聴くこと自体が楽しくなっていくことでしょう。


🔶傾聴講座はどんな人が参加できますか?

基本的に傾聴を学びたい体験したいという方なら、だれでも参加することが出来ます。

講座の日程と開催時間は、以下のようになっています。興味を持たれた方はお気軽にお申し込みください。またご遠慮なくお問い合わせください。


🔶3月 14日(土) 14:00~18:00 封印されている心の声を聴くために

🔶テーマ:傾聴と体の感覚について

🔶開催場所 「ほっ」とTime教室 

🔶参加費 8,000円

🔶持ち物:筆記用具・ペットボトル(水やお茶)

🔶お申込み:開催の三日前までにTELかE-mailにてお知らせください。

🔶お申し込み先:「ほっ」とTime TEL 027-388-0581 
                  E-mail:INFO@ho-ttime.com

🔶今回が初めての方も参加することができます。 



🔶



🔶4月カウンセラーを目指す人の為の心理学講座開催計画中




🔶神社仏閣ヒーリング

 ※4月以降の開催延期決定



🔶参加お申込みフォーム

参加希望講座名
参加希望日時
お名前
E-mail
電話番号